©2019 by ミステリアス・トレジャー Mysterious Treasure。Wix.com で作成されました。

妖狐の村

【背景】

時は幕末。尾張名古屋の近くに位置する七尾村では、新成人を迎える巫女の成人の儀に合わせて祝典が行われていた。


事件は祝典の5日目に起きる。しきたりによれば、巫女はこれから3日間一人で部屋にこもり、妖狐の庇護の下で子孫を孕むため祈祷を行わなければならない。


しかしこの日の夜、七尾村の村長が川辺に浮かんだ小舟の上で死亡しているのが発見された。そして、村長を殺したのは、どうやらこの村を数百年に渡って守ってきた妖狐らしいのだ……。


【特徴】

プレーヤー人数:8人

GM:必要

プレー​時間:2時間(+準備・感想戦 1~2時間)

ゲーム難易度:☆☆☆★★

GM難易度:☆☆☆★★

コスプレ要素:あり

キーワード:幕末、妖狐の伝説、村の風習、密談のみ、初心者向け

​初心者向けと位置づけられていますが、サブミッションが多いためやり応えは大きいでしょう。密談しかできないので情報収集が鍵になります。また、幕末が舞台のシナリオなので、コスプレなどによる演出もしやすいです。

【登場人物】

玉藻 瞳(たまも・ひとみ):七尾村の巫女。玉藻一族は代々、妖狐の娘として巫女の職責を担っている。妖狐の象徴として村を守っている。

佐藤 貴志(さとう・たかし):七尾村で2番目に大きな一族、佐藤一族の現当主。佐藤家は長らく巫女を守る役割を担っている。また、村長を務める西田一族の村の管理を手助けしている。

西田 美月(にしだ・みつき):村長・西田璃子の従姪。村にある「立入禁止の花畑」を管理する。今日の事件の第一発見者。

 

西田 美咲(にしだ・みさき):村長・西田璃子の養女。巫女の侍女を務めている。

 

遠野 光(とおの・ひかる):8年前に村へやってきた落ちぶれた武士。佐藤家に引き取られ、神社の番人を務めている。

 

綾瀬 蒼真(あやせ・そうま):各地を渡り歩いている学者。西洋の文化を学んだことがある。現在は自身の思想を伝えて回っている。

 

沖田 宗次郎(おきた・そうじろう):村外から来た赤い服の武士。見た目は若く、ただ者ではない気配が感じられるが、どこかだらしない雰囲気もある。

 

柏木 芽衣(かしわぎ・めい):村外から来た裁縫師。ほぼ毎年この村にやってきており、知り合いも多い。今回は、巫女の成人の儀と聞いてやってきた。

 

【クレジット】

原作:兎子先生

ディレクター:兎子先生

配給:LARP

プロデュース:LARP原創工作室

和訳:水谷剛(@T_Mizutani

日本語レイアウト:有我悟(http://tantramachine.com/

 

ライセンス提供済み都市:

東京23区北部、東京23区西部、大阪府​大阪市、愛知県名古屋市

​プレー可能店舗一覧

※本シナリオは店舗さま向けにライセンスを仲介しております。個人の方へのご提供はいたしておりません。なにとぞご了承ください。

※本シナリオは1都市(注)につき1ライセンスのシナリオです。お問い合わせはシナリオ名を添えて以下のフォームよりお願いいたします。

 

注:都市は市町村単位で区分いたします。ただし、東京23区については次のように3都市に区分しております。

北部都市:練馬区、板橋区、豊島区、北区、足立区、荒川区、文京区、台東区、葛飾区

西部都市:杉並区、中野区、新宿区、渋谷区、世田谷区、目黒区

南東部都市:千代田区、中央区、墨田区、江東区、江戸川区、港区、品川区、大田区

お問い合わせフォーム